おにぎり・おしゃべりパーティー

Posted by on 3月 5, 2017 in 未分類
おにぎり・おしゃべりパーティー

同志社校友会山梨県支部有志(世話人・加藤真代、平井始子)による「おにぎり・おしゃべりパーティー」が3月4日、県立図書館2階交流ルームで開かれました。年4回の定例会(集いや総会)ではなかなかお目にかかれない方にも集まりの頻度を高め、交流の機会を増やしたい、と初めて企画されたものです。

世話人のお二人が古い和服の布きれなどの材料を用意してくれ、南天の小枝に小さな布製の猿ぼこを載せた「九南猿(苦難去る=くなんさる)」を作りました。「南天九猿(難が転じて苦が去る)」という呼び方もあるようで、布きれを縫って作った体にフウセンカズラの種を頭にした猿を9体、南天の枝に乗せた縁起物です。今回は、幼稚園から小学生までのお子さんなど会員の家族も参加し、和気あいあいとした雰囲気の中で作業しながら語らいました。

猿の形、枝振り、載せ方などさまざまで、味わいのある作品となりました。12本を作り、それぞれが持ち帰りました。

今後も4月15日には定例の「春の集い」を開き、桜の季節に甲州市の恵林寺・放光寺を見学して昼食をとりながら懇談する予定です。同志社大学・女子大のOB・OGの皆さまはふるってご参加ください(開催済み)。